>  > DIXCEL オデッセイ RB3-4 ABSOLUTE (車台No~1200000) スポーツパッド リア X Type

DIXCEL オデッセイ RB3-4 ABSOLUTE (車台No~1200000) スポーツパッド リア X Type

HOME > 商品一覧 > SBポストアンカー

SBポストアンカー

リア オデッセイ (車台No~1200000) (車台No~1200000) RB3-4 DIXCEL スポーツパッド ABSOLUTE リア X Type

概要

SBポストアンカーは、鋼製部材を現地で組み立て構築するガードレール基礎です。路肩に寄せて設置でき、それでいて擁壁には一切衝突荷重を波及させないC種・ B種対応の独立型防護柵基礎です。

 

特長

SBポストアンカー(C種)の動画

鋼球を自由落下させ ホンダ ビガー CC2 92/1~98/10 DIXCEL(ディクセル) ブレーキローター HDタイプ リア用 左右セット ブレーキディスク ディスクローター 3355074S ビガー ディクセル ローター、車両の衝突を再現しています。
壁面には一切影響が及んでおらず、擁壁は健全な状態を保持できています。
*下記はC種の動画になります

 *YouTubeがご覧になれない方はこちらから

SBポストアンカー(C種)の施工手順

SBポストアンカー(B種)の動画

*下記はB種の動画になります

 *YouTubeがご覧になれない方はこちらから

SBポストアンカー(B種)の施工手順

   
 1.設置個所の締固め・整地と部材の組立て    2.SBポストアンカー設置    3.ガードレール支柱の建て込み
設置個所をしっかり締固め、整地するとともに、SBポストアンカーを組立てておきます。ボルト接合だけで、すべて組立てることができます。   組立てたSBポストアンカーを所定の間隔に設置しします。   下部支柱材の天端まで中詰土をまきだし、控えアンカー材の位置から締固めます。支柱内管を取付けたら、鋼管と下部支柱材の隙間に砂とモルタルを充填します。
 
     
 4.支持枠材の組立て    5.完成    
支持枠材を取付け後、枠材の天端まで中詰土をまきだし締固めます。        
 

比較工法(商品)

独立型防護柵基礎(プレキャストガードレール基礎)

SBポストアンカー 施工事例

   
 1.設置個所の締固め・整地と部材の組立て    2.SBポストアンカー設置    3.ガードレール支柱の建て込み
設置個所をしっかり締固め、整地するとともに、SBポストアンカーを組立てておきます。ボルト接合だけで ■NGK パワーケーブル スズキ アルト/ワークス HA12S HA12S F6A(2バルブ・ターボ) H10.10~【15S】 [ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L747S (SMB) 21インチ×8.0J PCD:115 穴数:5 インセット:9、すべて組立てることができます。   組立てたSBポストアンカーを所定の間隔に設置しします。   角型鋼管の下部20㎝を砂で埋め、ガードレール支柱(Φ133.3)を角型鋼管の下部40㎝まで挿入します。ガードレールを取付けたら シルクブレイズ シフトノブ [Type-P/黒木目] 10系アルファード、鋼管と支柱の隙間に砂とモルタルを充填します。
 
       
 4.完成        
支持枠材を取付け後 、

DIXCEL オデッセイ RB3-4 ABSOLUTE (車台No~1200000) スポーツパッド リア X Type

、枠材の天端まで中詰土をまきだし締固めます。
       
 

関連ページはこちら

     
             
     
             
       
             

{yahoojp} {kyosei-kk.co.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-99905