カムリグラシア フロントリップ【タケローズ】カムリグラシア フロントリップスポイラー カーボン


 >  > カムリグラシア フロントリップ【タケローズ】カムリグラシア フロントリップスポイラー カーボン
【15mm厚】NCP16系サクシード[4穴/PCD100]GTOワイドトレッドスペーサー(ハブ径59mm)シルバー(15mm厚)2枚SET※代引注文不可商品
〒509-1693 岐阜県下呂市金山町金山973-6
TEL 0576-32-2121 FAX 0576-34-0006

ZOOM ダウンサス 1台分セット [スズキ] ジムニーL JB23W K6A H10/10~ 4WD>>診療科・診療部門の案内>>乳腺外来

フロントリップスポイラー カーボン フロントリップ【タケローズ】カムリグラシア カーボン フロントリップ【タケローズ】カムリグラシア カムリグラシア

 特徴

 乳がん診療30年の経験を持つ外科専門医が担当し、超音波検査、X線撮影(マンモグラフィー)、細胞診、生体検査などによる診断、乳房温存療法を含めた乳がん治療に力を入れています。乳腺専門の医師による問診、視・触診のほかに、乳腺超音波検査、女性技師による乳房用X線撮影(マンモグラフィー)を行って乳腺疾患の診断をおこないます。
 特に乳がんは術後20年から30年という長期にわたる経過観察が必要なため、地域に密接した診療が受けられるように心がけています。 マンモグラフィーはガイドラインを満たした最新のFPDシステムを採用し、撮影は女性技師(撮影認定診療放射線技師)が担当していますのでお気軽に受診してください。

 また、診断は読影認定医師が行っています 。 受診される方の診察時間を十分確保するため、午後からは予約診療を行っています。

 特に乳房に異常をお持ちでない方も乳がん検診を受けましょう。そして、月に一度日にちを決めて自己検診をしてみましょう。乳房に何らかの異常を感じて受診される方は保険証を持っておいでください Artina アルティナ スタンダードシートカバー 4068 アイボリー eKカスタム B11W。

 乳がん自己検診法について

 自己検診の方法はこちらからご覧いただけます。<自己検診について>
 

 乳腺外来診療内容

・問診、視触診:問診票を記入していただきます。

・エコー(超音波)診断:エコー検査ではゼリーをふき取るためのフェイスタオルをご用意いただくと助かります。

・マンモグラフィー(Ⅹ線)診断:女性技師が対応しますのでご安心ください。

・細胞診:穿刺吸引細胞診(エコーガイド下)、静脈注射用の針を刺して細胞を吸い出します 【代引不可】Clazzio(クラッツィオ):シートカバー(エアー)(アイボリー) ホンダ エリシオン 8人乗り EH-0441。予約制です。

・乳頭分泌物細胞診:疑わしい分泌物について検査します。

・組織診断:針生検(コアニードル)、マンモトーム、切開生検(局所麻酔)。予約制です。入院の必要はありません。切開生検でも約1時間ほどで済み、車を運転して来て、また車を運転して帰れます ボルボ V60用 スタッドレス 17インチ 215/50R17 グッドイヤー アイスナビ7 テクマグ タイプ207R(Si) タイヤホイール4本セット 新品 輸入車。通院は翌日一回のみです。検査結果は1週間程度です。

・乳がん手術:全身麻酔で、症状に応じて乳房全切除術、乳房温存手術などを選択します。入院期間は1週間程度です。

・放射線療法:乳房を温存した場合、放射線治療のできる施設に約一ヶ月間通院していただきます。

・化学療法:症状に応じて抗がん剤などの治療を一定期間、短期入院または通院で行います。

・乳房再建術:乳房の再建が可能なように乳がんの手術を行い、乳房形成については専門の形成外科を紹介します。

・乳がん手術後の経過観察:手術後2年間は4か月に一回、その後は半年に一回通院していただき経過を見させていただきます。

・再発乳癌の治療:再発乳癌の治療は抗がん剤による治療が主体となります。入院、通院を組み合わせて行い、QOL※1を高める努力をいたします。

・乳がん検診:乳房に異常を感じていない方は年1回乳がん検診を受けましょう。午後の予約日をご利用ください。

・乳房に異常を認めた方、医師から経過観察を指示された方:保険証を持ってお越しください。

カムリグラシア フロントリップ【タケローズ】カムリグラシア フロントリップスポイラー カーボンアウトレット店舗

。午前中に予約なしでも結構です。

※1 QOL:(クオリティ・オブ・ライフ 人生の質、充実度)
 

 乳腺外来日・予約について

 専門外来 (乳腺外来)  担当医師 古田

外科1
午前
予約なし
初診
再診
初診
再診
初診
再診
初診
再診
初診
再診
外科1
午後
予約制
再診
検診
再診
検診
再診
検診
   
受付時間 診療開始時間
午前初診 8:15~12:00 8:45~
午前再診 7:50~12:00 8:45~
午後再診・検診 火・水・木のみ予約制
 
 再診に関しては待ち時間を少なくし、十分な診察時間を確保するために診療予約をされるとよいでしょう。特に検診は原則として予約とさせていただきます。予約は外科外来へお電話ください。
 TEL 0576-32-2121 外科外来 午後2時過ぎから受付けています。

 当院では、乳がん検診も予約制で行っています。  
 ●検診日 月~金曜日、13:30~16:00  
 ●検診料
   視触診+超音波診断 6,696円
   視触診+マンモグラフィー 6,696円
   視触診+超音波診断+マンモグラフィー 10,200円
 ●予約時間 平日 14:00~16:30分まで

★ 超音波診断は、もっとも乳がんが多い40歳代後半から50歳代前半の乳房の検査にきわめて有効です。
★ マンモグラフィーは、50歳以上の乳房の診断に適しており、特に石灰化のみを所見とする乳がんの発見に有効です。 

★送料無料★(一部離島等除く) 【L375S タント アールエスアール】サスペンション タント L385S 660 NA [19/12~] RS★R DOWN リアのみ

 乳腺エコーについて

 乳腺エコーの検査は、超音波を使って乳房の断面像を得る検査です 日産/ピットワーク 補機ベルトセット AY140-51010/AY140-30760/AY140-51110 トヨタ/TOYOTA カムリ ビスタ。超音波の通りを良くするために、乳房表面にゼリーを塗って検査をします。痛みや放射線の被爆もなく、何度も繰り返し行うことができ、体に無害です。また、しこりの鑑別診断に大変優れた検査です。
 乳腺エコーは、マンモグラフィーでは見つけにくい若年者の乳腺内のしこりの描出にも優れています。5mm以下の小さなしこりも見つけることができ、超音波検査下にしこりを見ながらその一部を採取して、確定診断のための病理検査を行うこともできます。

 ※金山病院で乳腺エコー検査を受けられる方は、検査に使用したゼリーをふき取るためにタオルを一本ご持参ください。  

 マンモグラフィーについて

マンモグラフィーの詳細はこちらご覧いただけます。<マンモグラフィーについて>

 マンモグラフィーと乳腺エコー検査の違い

 マンモグラフィーは体格の大きな欧米で発達し、海外ではマンモグラフィーを行ったグループのほうが行なわなかったグループよりも乳がんの生存率が高いという研究結果が出ています。特に微小な石灰化像を有する乳がんの発見に威力を発揮します。しかし石灰化像のみで、しこりを伴わない乳がんの頻度は多いものではありません。 日本人の乳房の形体から見ると乳がんの最も多く発見される40歳代後半から50歳代前半の乳房は乳腺濃度が高く、映し出される影が多いので、その重なりの中からがんを見つけ出すのは高度の経験を要します。<症例>

 エコー(超音波)を使って現在行われている仰臥位圧迫法による乳がん診断は日本で発達しました。日本人の乳房は、マンモグラフィーでは多くの影の重なりが映し出されることが多くその中からがんを発見することが難しいのに対してエコーでは乳房の断面を観察できるので日本人の乳房に適した検査法といえます。エコーでは直接しこりの断面を診ることができるのです。 <イラスト>

  けれどもしこりをつくらず微小な石灰化像のみを有するがんの発見は困難です。 乳がん検診では両診断法を併用したほうが有効だとされています。精密検査では両検査法は必須です。また手術医は術前必ずエコーでしこりの位置、広がりなどを確認し手術部位、切除範囲を決定しています。

 マンモグラフィーについて

マンモグラフィーの詳細はこちらご覧いただけます。<マンモグラフィーについて>

 金山病院ので行っている乳がん治療について

 乳がんは、家庭的にも社会的にも重要な役目を果たしている四十代から五十代の女性に多いがんです。乳がんの治療は手術ばかりでなく、抗がん剤治療や内分泌療法などが必要となります。また、乳がんは他のがんと違って十年後、二十年後でも再発の可能性があり長期の経過観察が必要となっています。そのため、金山病院では身近な病院として乳がんの標準的な治療を行い地域の皆さんの生活を支援しています。そこで今回は金山病院が行っている乳がんの標準治療についてお話します。標準治療というのは高い効果が期待でき、安全性も確認された、現時点での最善の治療法です。

 現在の乳がんの標準的な治療は手術です。乳房を全部取る乳房切除術と部分的に取る乳房温存手術があります。手術目的は、がんを取り除くことです。部分的切除でもがんを取り除くことができれば乳房温存を選択できます。がんを取り除くためには乳房切除が必要なこともあります。がんの広がりによってどちらかを選択します。全国的には六割の患者が温存を選択していますが金山病院では四割となっています。温存乳房にはわずかながら再発があること、放射線治療が必要であることなど、説明を納得したうえで本人に決めていただきます。手術に際しては腋の下のリンパ節の一部または全部を切除し転移がないかを調べます。

 温存した乳房には再発予防のために放射線治療を行います。二十五回(一週間に五日、五週間)放射線治療施設のある美濃加茂市か高山市に通院していただきます。日焼けに似た症状以外重大な副作用はありません。残念ながら当地域では通院が困難なために温存をあきらめる方もおられます。

 抗がん剤治療を行うかどうかは、がんの進行程度、病理学的悪性度によって決まっています。現在再発予防のためには、三週間に一回点滴注射で薬剤を組み合わせて五から六回、薬剤によっては一年間行います。予防的治療なので無理をせず回数や薬剤量を減らしたりして副作用を抑えます。脱毛は避けられないのですが髪の毛は治療が終了すれば再生します。   乳がんの六割は女性ホルモンの働きによって分裂、増殖します。この性質は病理検査で判定し、陽性の場合に閉経前では女性ホルモンの働きを抑える(更年期の状態を作り出す)薬、閉経後は脂肪組織などで女性ホルモンが作られるのを抑える薬を使います 【RSR】 イプサム 等にお勧め ダウンサス ローダウン フロント用左右2本セット RS☆R DOWN SUSPENSION アールエスアール 型式等:SXM10G 品番:T680WF。注射や飲み薬があり長期にわたって使用します。

 残念ながら進行した乳がん、転移再発した乳がんには抗がん剤治療や放射線療法などを行い、がんを進行させない、がんと共存しながら生活を維持していくことが基本になります。 以上のことからもがんの治療ができる身近な病院として金山病院の機能を維持していくことが重要と考えています。

ナビゲーション

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-58613