>  > ミルボン ジェミールフラン シャンプー ダイヤ 11000ml(ボトル

オーサワの本葛(微粉末)1kg×2個セット※送料無料(北海道、沖縄、離島除く) | トップページ | 徐福一行は朝鮮の辰韓にたどり着きしばらく止まった後、つぎつぎと伯州(伯耆国、鳥取県中西部)に結集した »

2018年5月21日 (月)

ジェミールフラン ミルボン 11000ml(ボトル ダイヤ ジェミールフラン 11000ml(ボトル シャンプー

 Ikko Kurosawa氏の文章を一部引用しています。

1  始皇帝は方士徐福に仙薬を求めることを二回命じている。一回めは(紀元前219)で、「蓬莱の薬を手に入れることができなかったのは、鯨に苦しめられて到達することができなかったからです。鯨をしとめる射手を供にして下さい。」徐福はそう奏上した。二回目は(紀元前210年)、大船40艘、良家のけがれのない少年・少女3千人を所望し、船工・百工・方士、金銀珠玉、五穀と機材を積んで神仙の山、蓬莱山、方丈山、瀛州山の三神山にむけ、およそ100艘の大船団を出発させた。始皇帝は滄海郡(旧斉国)に命じて船を建造し、千童城・丱兮城(かんけい)を築いて、これら技術者や童子を集めて渡海訓練をしている。この大プロジェクトに、始皇帝は巨大な費用を惜しみなく出した。始皇帝は徐福に八洞神仙に到達したら爵位を与え、水夫の税を免除する報償を約束した。
 徐福は斉の人で、琅邪(ろうや・山東省東南部)を出発したが、始皇帝は自ら強い弓をもって乗船して、鯨が邪魔をしたら自ら射撃しようと成山まで同行したが 霊芝エキスパウダー(50g)天然ピュア原料そのまま健康食品/霊芝,レイシ,れいし、鯨には遭遇しなかった。成山頭で下船して徐福らを見送った。「煙台」に至り、大魚に出くわし、これを射殺したという。(史記・秦始皇本紀三七年)
 始皇帝は、東の聖地、山東半島の「煙台」を 【最大2000円OFFクーポン&ポイント5倍相当1/13(日)まで】小林製薬デンタルドクター カーブ歯間ブラシ SSサイズ 【240本】10本入×24個セット【RCP】、五回の巡行のうち三度も訪れている。この渤海湾の伝説の港町「煙台」から徐福一行は中国本土を離れた。
 孟憲仁が考証した「出雲族は徐福一行なり」とする説がある。
 また、王輯五も、出雲族は秦系大陸民族であり、考古学的には銅鐸民族であり、徐福集団に比定されるとしている。徐福一行は辰韓(徐福島の古地名がある)にたどり着き、しばらく止まった後、つぎつぎと伯州(鳥取県中西部)に結集したとする。
 郭沫若は「銅鐸は殷人の一種の銅器である」と述べ、春秋時代の徐国が、殷の文化伝統を忠実に継承し、そっくり出雲に移住していたという。
 中国の白蘭族の歌を始め、屈原の『少司命』『湘夫人』など、すべて五・七言であるので、素戔嗚の八重垣歌も五・七調の歌謡であり中国の踏襲ということも言える。
 殷の王は鬼神を尊び、民を率いて神に仕え、何事につけても甲骨に卜占をしるして占いをもっぱらにして、族邑を束ねていた。紀元前千四百年、殷の中心が河南省の安陽市付近にあったことは殷墟の発掘で明らかになった。河南・山東は、後の六国の「斉」で、とくに崇神の念の強い地域だったと言われ 、鬼神を畏れる人々だった。このことは魏志の「名曰卑弥呼。事鬼道 ネオラージプロテイン【通常】シェイカー無し、能惑衆」、卑弥呼の鬼道と気脈を同じくすると思われる。斉が殷の習俗の色濃い土地であることは確かである。そして、徐福の童子3千人が斉人であれば、なおさらのことである。

2  私見
 王輯五は「徐福一行は辰韓(徐福島の古地名がある)にたどり着き、しばらく止まった後、つぎつぎと伯州(鳥取県中西部)に結集した」とする。鳥取県西部には福付き地名が他所より格段に多いから、王輯五のいう「徐福一行は辰韓(徐福島の古地名がある)にたどり着き 【3種セット5%オフ】 うわさのうこん 48g & 秋うこん粒 100g & うわさのうこん 48g ‥ 【送料無料】【クルクミン】【うわさのウコン】【秋ウコン粒】【うわさのウコン】、しばらく止まった後、つぎつぎと伯州(鳥取県中西部)に結集した」とするのは正しいと思われる。もし「出雲族は徐福一行である」(孟憲仁)「出雲族は徐福集団に比定される」(王輯五)「春秋時代の徐国が、そっくり出雲に移住していた」(郭沫若)ならば、徐福一行は出雲を通り越して伯州(鳥取県中西部)まで来ない。伯州(鳥取県中西部)まで来たなら引き返さなくてはならない。徐福一行は仙薬を求めて伯州(鳥取県中西部)に結集し、蒜山(瀛州山)に上がった。
 素戔嗚は中国出身であり、徐福一行のNO2であった。
 神社伝承によると、天穂日命は能義平野を開拓し、安来市の能義神社の丘陵地に葬られたと伝えられている。出雲国の創始者である天穂日命は徐福集団の一員であった。徐福は日本では平原広沢を得て王となり天照大御神と呼ばれていた。
 天穂日命の子とされているタケヒラドリは殷王朝末裔の準王であったと思われる。準王一族は紀元前194年(徐福たちに送れること16年)に出雲に到着した。天穂日命は準王一族(出雲神族)を監視するために安来市の能義平野に派遣された。そして、天穂日命は準王一族(出雲神族)と婚姻関係を結んだ。しかし、準王一族(出雲神族)は残虐な鬼として全国に広がっていった。
 蟹つき姓は出雲出身である。新見の石蟹や鬼住山の乙牛蟹や大牛蟹も出雲出身である。同じ時期に丹後の大江山にも鬼がいたはずである。銅鐸の広がりと同じく鬼も広範囲に広がっていた。大江山は青銅器の原料が多く産出するところである。卑弥呼はここにも来て従属を求めた。倭姫として皇大神宮の地にしばらくいたはずである。
 弥生時代後期には銅鐸は終焉する。銅鐸は倭の大乱の一方の祭祀道具であると解する。卑弥呼の祭祀道具は銅鏡だから卑弥呼の孝霊天皇軍と戦った相手が使っていた祭具と思われる。それは鬼に代表され、全国に進出していた青銅器文化の殷王朝末裔の準王一族(出雲神族)の祭具であった。

 福知山大江町元伊勢「皇大神宮」
 藤原忠平関白が制定した延喜式の式内社が出雲には187社もあった。しかし、

、隣国の伯耆には僅かに6社しかなかった。これは鬼と言われるほど乱暴であった出雲族に藤原氏は自分たちと同じものを見出したからであろう。
 倭姫(卑弥呼)がここにいたのは事実だろうが、この末社の建て方は出雲大社と同じであり藤原氏が八世紀以降に建てたものと思われる。
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-26135